アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

あまりに激しい関心と知識欲もダメ

あまりに激しい関心と知識欲もダメ

 

 

もしこれらの想念に多少とも気づいても、普通の場合その人はこの想念を自分の空想上のたんなる作りごととしてただちに放ってしまいます。
If he gives these thoughts any recognition, he generally releases them immediately as mere figments of his imagination.

 

しかし、いったい空想とは何でしょう?
But, after all, what is imagination?

 

それは感覚器官にとって不可視な物を客観化する、すなわち描き出す能力ではないでしょうか。
Is it not the faculty to objectify, or imagine, that which is invisible to the senses?

 

東洋のある哲学者がいみじくもいったように、空想とは「既知のものと末知のものとをつなぐ橋」なのです。
As one Eastern philosopher aptly phrased it, "Imagination is the bridge between the known and the unknown."

 

賢明な人は自分の脳髄中を通過する想念のすべてに注意を払わねばならないことを知るでしょう。
The wise man will learn to pay attention to all thoughts passing through his brain.

 

本人は自我に属する想念ばかりでなく自分の個人的な理解の領域外で発生する想念を追求するでしょう。
He will heed not only those pertaining to self, but also those thoughts taking place outside his personal field of comprehension.

 

このようにしてこの本人の知識と感受性が向上するからです。
For only in this way will he grow in knowledge and receptivity.

 

知恵という最高の宝石を人間に失わせ、人間が手中にそれを実際に持っているにもかかわらず、無頓着のためにその宝石を見失わせるのは”無関心”と”興味の欠之”なのです。
It is indifference and lack of interest which causes man to lose the greatest jewels of wisdom ... lose them through apathy when he actually holds them within his grasp.

 

しかし生命あるものまたはいわゆる生命のないものの両方から重要なテレパシー通信ができないのは、関心の欠乏のためではなく、ときとしてあまりに激しい関心、
Often, however, the loss of important telepathic communications - whether from animate or so-called inanimate sources - is not due to lack of interest, but due to a too intense interest;

 

すなわち知識を求めようとする個人的な貧欲のためなのです。
or a personal greed for knowledge.

 

これまで説明しましたように、想念というものは大砲の弾丸のように一つの塊となって飛ぶのではなく、連続した波動となって進行するのです。
A thought, as we have explained, does not travel in a lump like a cannon ball, but in a series of waves.

 

一つの完全な想念は五万にものぼる個々の波動から成っていることもあります。
One complete thought may produce itself in fifty thousand individual undulations.

 

それなのに一〇中八、九までは、想念メッセージの先頭が人間の脳髄に衝突したとたんに、もし関心があれば自我がそれをとらえ、入ってくる想念に注意を集中することによってただちに脳と肉体細胞を緊張させます。
Yet, nine times out of ten the instant a forerunner of a thought-message strikes the human brain the ego, if interested, will grab it and immediately tense the brain and body cells by concentrating upon the incoming thought.

 

細胞活動が突然そんなふうに緊張状態になるのは、入ってくる想念にたいしてドアーをぴしゃりとしめるようなものにすぎません。
That sudden tensening of the cell activity is merely slamming the door in the face of the incoming thought.

 

ドアーが閉じられないうちに、意識的な脳細胞の中ヘ前進路を見い出した五、六百の波動は、人間の知覚のなかに一つの瞬間的な印象を生み出すだけで、
The five or six hundred impulses which found their way into our conscious brain cells before the door was closed, produced only a fleeting impression in our awareness;

 

本人が一部のメッセージしか受けとっていないために、それがときとして混乱の感じを起こすのです。
which, because we have received only a portion of the message, often results in a sense of confusion.

 


 


 


「集中と感心との相違」<< Prev | Next >>「想念伝達はラジオ放送と同じ」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)