アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

受信にはくつろぎの状態が重要

受信にはくつろぎの状態が重要

 

 

自分の自我を常に感受状態に保つのは容易なことではありません。それは完全に均衡のとれた意識を必要とするからです。
It is not easy to hold one's self always in a state of receptivity, because it demands a perfectly balanced consciousness.

 

肉体をくつろぎの状態に保ち、さらになお肉体内外のあらゆる活動にたいして積極的な関心を失わないようにするのは簡単なことではないのです。
It is not a simple task to keep the body in a state of relaxation and still maintain a positive interest in all action around, and within us.

 

しかし、この状態はすぐれた受信者になろうとする者にとっては必要です。
Yet, this state is necessary to a good recipient.

 

私たちは自分があたかも関係のない第三者のごとく、そして自分の想念がステージ上で行なわれる演劇にすぎないかのように、自分の心の反応を傍観するように練習しなければなりません。
We must learn to look upon our mental reactions as though we were an impersonal bystander, and our thoughts were nothing more than actions taking place upon a stage.

 

ある人々にとっては、これはまったくとんでもない生命の体験法であるように思われるかもしれません。
To some people, this may seem a very haphazard way of experiencing life.

 

数十万年のあいだ人間の自我は積極性と個人的努力によって物事を達成しようという考え方に慣れきっていたからです。
For has not the human ego, through hundreds of thousands of years, been trained to the idea of accomplishment by aggression and personal effort?

 

しかし、宇宙的な生命の道を発見した幸運な人も少しはいます。
Yet, there are the fortunate few who have discovered the universal way of life.

 

このような人々は予言者や哲学者(すでに指摘したように、肉体の克服が根本的であることを理解した人)ばかりでなく、あらゆる職業にわたって存在しています。
Such persons include not only the seers and the philosophers (who, we pointed out earlier, understood that mastery of the body was essential), but those in all walks of life.

 

現代の大科学者であるトーマス・エディソンは、かつて次のように言いました。「私の最も困難な問題のいくつかにたいする解答は、私がそれを解こうとすることをやめた後にやってくる」
Thomas Edison, one of the great scientists of our times, once remarked, "I have found that the answer to some of my most perplexing problems come to me after I have ceased trying to solve them."

 

いいかえれば、彼の関心が非個人的なものとなり、その熱烈な精神集中が解き放たれたときに想念が自由に流れ出始めたのです。
In other words, the thoughts started to flow freely when his interest was impersonal; when his intense concentration had been released.

 

くつろぎという状態はふつう誤って解釈されています。
Relaxation is generally misunderstood.

 

その結果、かつてほんとうのくつろぎを体験したことのある人はほとんどいません。
In consequence, there few people who have ever experienced true relaxation.

 

一般で信じられている状態と異なって、何もしない状態ではありません。
Contrary to popular belief, it is not a state of inertia.

 

それは激しい活動の状態なのです。というのは、それは自由な活動であるからです。
It is a condition of intensified activity ... because it is free activity.

 

一例をあげてみましょう。
As an illustration;

 

小さな鉢の中にたくさんの金魚を入れたとします。
let us imagine we place a large number of goldfish in a small bowl.

 

この密集した状態のために金魚たちは自由に動くことができません。そしてちょっとでも動けばたがいに衝突してしまいます。
This crowded condition will not enable them to move about freely, and any motion on their part will cause them to bump into other fish.

 

突きあたるたびにある程度のエネルギーを消耗することになります。
Each contact-shock will result in the expenditure of a certain amount of energy.

 

このように充満した状態にあって金魚が無理にあたりまえの活動をしようとすれば、金魚たちはまもなく疲れてくるでしょう。
If they try to force their normal activity in such congested surroundings, they will soon become fatigued.

 

もし金魚たちが利口であれば、彼らは本能的に自分の行動を抑制するでしょうが、
If they are wise, they will instinctively lessen their action;

 

その場合には不活発の状態ということになってしまいます。
in which case they are reduced to a condition of lethargy.

 

ところが、この魚たちをもっと大きな容器に入れてやりますと、たちまち各自の活動範囲を広げてふたたび自然の状態に返ります。
But as soon as these fish are placed in a larger receptacle they will again expand their activity to its natural state.

 

人体の細胞についても同じ理論があてはまります。
The same holds true of the cell entities of the human body.

 

私たちの心は、自分自身の創造になる魚のいっぱい入った鉢の中で、周囲の心配や気苦労とたえず”衝突している”のであって、
Our minds are constantly "bumping" into the worries and anxieties around us in the crowded fish bowl of our own creation;

 

突きあたるごとにある程度のエネルギーを消費しているのです。
and each contact-shock dissipates a certain amount of energy.

 

したがって確実にいえるのは、緊張は細胞の非活動とテレパシー通信の非感受性のおもな原因になるということです。
So we can safely say that tension is the chief cause of nonactivity of the cells, and non-receptivity of telepathic impressions.

 

しかし、くつろぎの本当の意味を誤解しているために、緊張と同様に有害な状態がほかにもあるのです。
But due to a misunderstanding of the true meaning of relaxation, there exists another condition that is just as detrimental as tension.

 

小鉢の中の金魚と同じく、人間はほとんどいつも極端な不活発に逆戻りし、くつろぎという中間の家をまったく無視しています。
Not unlike the goldfish in the small bowl, the individual nearly always reverts from the extreme of tension to the extreme of lethargy ... completely ignoring the half-way house of relaxation.

 

通常、人はリラックスする(くつろぐ)ように命ぜられるならば、その人はたんに気をゆるめてあらゆるものに関心を失ってしまいます。
Usually, if a person is told to relax, he simply lets down and loses interest in everything.

 

こうすることによって肉体の細胞活動を減じさせるばかりでなく、意志によって無理に心の真空を作り出そうとして、ときにはもっとひどい状態を起こしてしまいます。
By doing this he not only retards the cell action of the body, but he often goes even further and by main force of will tries to create a mental vacuum.

 

このマヒ状態はある種の動物が冷たい冬のあいだ冬眠するときに自然に起こる状態ですが、
This torpid state is what takes place in nature when certain animals hibernate through the cold weather;

 

動物の場合は種族を永続させるために自然の法則に従っているのです。
but with them it is in obedience to a natural law for the perpetuation of the species.

 

この動物のふだんの食物は冬期間は入手できず、
You will notice that the customary foods of these animals is not available during the winter months;

 

したがって春がその豊かな食卓を準備するまでは動物のエネルギーが節約できるように、自然がそれらの肉体細胞の活動を停滞させているということがわかるでしょう。
therefore, nature slows down the activity of their body cells, so they may husband their energy until Spring sets her bountiful table.

 

私は次のような言葉を何度も聞いたことがあります。
More than once I have heard the remark:

 

「ああ、私もそんな美しいゆったりした状態になったことがある。
"Oh, I was in such a beautiful state of relaxation.

 

自分の肉体の存在をほとんど意識しなかったし、心もすっかりボーッとなっていた!」
I was barely conscious of having a body, and my mind was simply a blank!"

 

こんなのはくつろぎではありません。
That is not relaxation.

 

それはただ不活発な無関心の状態にすぎないのです。
It is merely a state of lethargic indifference;

 

そして何ら建設的な価値を持つものではありません。
and has almost no constructive value.

 

人間が本当にリラックスした状態になると、肉体はすさまじいほどに”生き生きと”感じるのであって、想念は急速に意識を通過しますから、ちょっとのあいだにまるで数年が経過したような気がします。
When a person is truly relaxed his body feels tremendously "alive," and thoughts pass through his consciousness at such a high rate of speed it may seem to him afterwards that he has lived years in a few moments.

 

くつろぎとは、個人的な欲求を捨てて相互関係の自然の連続、すなわち想念を連続させることです。
Relaxation is the releasing of personal desire to the natural sequence of relativity, or continuity of thought;

 

そしてこの状態にあるあいだ、人間はすべてのものにたいして正常な公平な関心を持つのです。
and the person has normal, unbiased interest in everything while in this state.

 



 



 


「想念伝達はラジオ放送と同じ」<< Prev | Next >>「習慣のとりこにならぬように」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)