アダムスキー「テレパシー」 第2部 第2部の要約 対訳

(1)避けるべき想念波動

(1)避けるべき想念波動

 

 

あなたが警戒しなければならない第一の想念波動は一般の人の心から発せられます。
The first channel of effect that you should guard against comes from the average human mind.

 

この地球には四〇億以上もの人が住んでいて、日常それらの大多数は貪欲、個人的非難、無数のつまらない心配事などの想念の影響下にありますから、これらの波動をあなたの心に引きよせないように、たえず自分を守らねばなりません。
Since there are over two-and-a-half billion people on our planet, most of whom live under the daily influence of thought-patterns of avarice, personal judgment, and a thousand and one petty worries, you must try constantly to protect yourself against attracting these impressions to your mind.

 

忘れてならないのは「類は類を呼ぶ」という言葉です。
Remember, like attracts like.

 

したがって、これらの波動を引きよせないようなレベルに自分の想念を保つよう努力すべきです。
So endeavor to keep your thoughts on a level where they will not attract these emanations.

 

もしあなたが”宇宙的”な理解の状態にまで向上することができるならば、前記の波動があなたヘやってきても、あなたはその性質を見抜いてそれにひきずられないでしょう。
If one is to develop to the state of Cosmic understanding, although these impressions will come to him, he will recognize their character and not lend himself to them.

 

これがまず大切なことです。
This is a major thing to watch for.

 

私たちが避けなければばらない第二の想念波動は、”宇宙”の融合を通じてきますが、これはまだ住民が地球の水準にまで達していない他の惑星または他の太陽系などから想念を伝えます。
The second channel of effect that we should avoid comes to us through the interblending of the Cosmos, bringing thoughts from other planets, or systems, where the inhabitants have not yet evolved to our level.

 

これらもまた分裂、非難、不和などをもたらします。
These, too, will carry divisions, judgments, discriminations, etc.

 

このような想念は私たちにとって役立ちません。
Such thoughts are of no help to us.

 

現在、世の中にすでに広がっている混乱を増大させるだけです。
They will only add to the confusion already prevalent in the world today.

 

避けなければならない三番目の波動は、この世界にかつて住んだことのある、いまは肉体のない実体の記憶から発せられる波動です。
The third channel to be shunned is that of the memories of discarnate entities who have lived in this world.

 

これらの想念はしばしば”霊界通信”とまちがえられます。
These thoughts are often mistaken for "spirit communion."

 

プラトンが生存中に放った想念波動に同調する件について述べた説明を思い出してください。
Remember the illustration we used about tuning into a thought frequency Plato had set in motion while he lived?

 

これと同じ原理が、かつて地上に生きていた人々からくる想念波動にもあてはまりますが、
This same principle applies to thought frequencies from others who have lived on earth;

 

その人々がほとんどの地球人の低次元以上に発達していないならば、この想念は私たちにとって価値はありません。
but unless they have evolved above the personal pettiness of most Earthlings, these thoughts are of no value to us.

 

私たちは日に日に成長し発達しているのですから、かつて地上に生きた少数の偉大な人々をのぞいては、私たちはこの亡き低次元の人々の達していた段階を超えているのです。
We are growing and unfolding daily, so except for a few outstanding minds who have sojourned here, we have advanced past the place in development these people had reached.

 

”進化の法則”は宇宙の基本的な法則です。
The Law of Progression is a fundamental law of the Cosmos.

 

大抵の場合、現象の世界の三つの経路からくる印象は、不和、非難などに満ちていますが、
For the most part, impressions coming from all three channels of effect are steeped in discriminations and judgments;

 

ときおり宝石のようなある種の”宇宙の真理”を含んだメッセージがくることもあります。
but occasionally a message may come which contains certain gems of Cosmic Truth.

 

一般の人はそれに気づくと、いささかの真理を含んでいるからというだけの理由で、メッセージの全部や分裂とか個人的な約束などを宇宙の最高神からくるものとして受け入れます。
The average person will recognize these gems and because of their presence, will then accept the entire message, divisions, personal promises, etc., as being of Cosmic origin.

 

しかし実際は、不和の存在そのものがそのメッセージが混乱した源からくるものであることを立証しています。
Whereas, the very presence of discriminations proves it to be from a confused source.

 


 



 


「第2部の要約」<< Prev | Next >>「(2)受け入れるべき想念波動」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)