アダムスキー「テレパシー」 第2部 第3章 対訳

喜びに満ちた想念がテレパシー感受の基本

喜びに満ちた想念がテレパシー感受の基本

 

 

あなたは自分の生活でこれを容易に証明することができます。
You can easily demonstrate this in your own life.

 

あなたの心に気苦労または怒りの想念をわざと植えつけて、それが自分におよぼす影響を調べてごらんなさい。
Consciously implant a thought of worry or anger in your mind, then study the effect it has on you.

 

その不調和な想念が細胞に影響を与え、細胞の正常な働きを分裂させるにつれて、重苦しい感じが急速に体内に広がるのがわかるでしょう。
You will notice a feeling of heaviness spread rapidly through your body as the discordant thought impinges its influence upon the cells, disrupting their normal activity.

 

なおもその想念を保ちながら、親和の法則がどんなに同じような性質の波動を引きよせるか、
Still holding the thought, watch how the law of affinity attracts impressions of a similar nature;

 

また、そのような想念をふやしてゆくごとに、どんなに体内の重若しい感じも大きくなるか、といったことを観察してごらんなさい。
and how each additional thought adds to the weighty feeling in the body.

 

この場合は自然の基本的な調和の法則を破っているのです。
Here, we are breaking Nature's fundamental law of harmony.

 

そして、肉体細胞の働きを不調和にし、心の中に作られた緊張の壁のために、テレパシーによる感受はほとんど不可能になるのです。
And because of the barrier of tenseness created in the mind, causing inharmonious functioning of the body cells, telepathic reception is almost impossible.

 

今度は右の想念を喜ばしい想念にとりかえて、あなたの想念の型をわざと変化させてごらんなさい。
Now, consciously change your thought-pattern by replacing the above thought with a cheerful one.

 

どんなに重苦しい感じが消え去ることか、また、細胞が正常な活動をとりもどすにつれて肉体がどんなにスカッとして軽くなるような感じがすることか、これらを注意してみることです。
Notice how the sensation of heaviness dissipates, and the body actually seems to lighten as the cells resume their normal activity.

 

脳細胞がゆったりとすれば、想念がふたたび自由に溢れ出ることに注意しなさい。
Notice how with the relaxing of the brain cells, thoughts once more flow freely.

 

心と肉体細胞のあいだがこのととのった調和の状態になってこそ、本当のテレパシーの感受ができるようになるのです。
It is in this state of coordinated harmony between the mind and body cells, that true telepathic reception is possible.

 


 


 


「善意な楽天的な人と接することが大切」<< Prev | Next >>「常に喜びながら生活すること」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)