アダムスキー「テレパシー」 第1部 第3章 対訳

宇宙の感覚の意志に従うことが大切

宇宙の感覚の意志に従うことが大切

 

 

これらすべての事柄を深く考えながら私は自問しました。
Thinking deeply about all this, I asked myself,

 

「かりに私が偉大な視力を持っていて、テレビ受像機の助けを借りずにテレビの画像が見えるとし、
"Suppose I had sight so great that I could see television pictures without the aid of a television set.

 

また私の耳が異常に鋭くて、ラジオ受信機を用いないで放送局から空間を流れている美しい音楽を聞くことができるとすれば、
Suppose my hearing was so keen I could hear the beautiful music traveling through space from station to station without using a mechanical device.

 

私の視覚と聴覚は四次元にまで発達したのではないだろうか?」
Would not my sight and hearing be developed into the fourth dimension?"

 

次に私は味覚と感覚という感覚に注意を転じました。
I then turned my attention to the senses of taste and smell.

 

「もしリンゴが熟する前に私がそれを味わうことができ、
Suppose I were able to taste the apple before it matured;

 

まだ花が咲き出る前にその芳香を嗅ぐことができるとすれば、
or detect the fragrance of the flower before it blossomed;

 

私は超人間の感覚を持つということになるのではないだろうか?」
would I not have the senses of a superhuman.

 

するとただちに私自身の解答が浮かびあがってきました。
I received my answer direct.

 

"「こんな能力はすべておまえの内部に潜在している。ただし各感覚器官が自分の個人的な意志を捨てて、”宇宙の感覚の意志”に従うならばだ。
All of these are your potential when the senses give up their individual will unto the Will of Feeling.

 

"
なぜなら”宇宙の感覚”こそ”基本的な感覚”であり、自分という存在を通じて溢れ出る”宇宙の因”のあらわれであるからだ」
For Feeling is the Cardinal Sense ... the expression of Cosmic Cause flowing through your being.

 

このとき私にわかったのは、”宇宙の感覚”こそたしかに私の肉体を作った”主なる建設者”であり、
I then knew that Feeling was truly the Master Builder who had formed this body of mine;

 

他の四つの感覚はなくても、さまざまの帝国を建設することができたということです。
and that it could build empires in the absence of the other four senses.

 

この結論から、私の心は生命とその日的に関する自分の限られた知識に従って反映し反応しているにすぎないことが理解できました。
From this conclusion, I saw that my mind was only reflecting and reacting according to my limited knowledge of life and its purpose.

 

以上のすべてはスペース・ブラザーズ(友好的な異星人)によって正しいと確証されています。彼らはこれらの人間の活動の面を宇宙との関係に照らして観察し評価していたのです。
All of this has been verified by the space Brothers, for they have observed and evaluated these phases of human activity in relation to the Cosmos.

 

しかし異星人とコンククトする以前から私は進歩しようと真剣に努力していましたので、自分の各感覚器官を”宇宙の因”と調和させ充分に理解させるように調整することが緊急の要務であることに気づきました。
But before my contact with the Brothers, as I sincerely endeavored to progress, I realized it was imperative to coordinate my senses to harmonize with, and fully understand - Cause.

 

この”宇宙の英知”は万象の奥にあり、万象に浸透しているからです。
For this Cosmic Intelligence is back of, and permeates, all manifestation.

 

 

I am aware of the fact that I have stressed this point more than once.

 

したがって、意見の不一致をおこしがちな感覚器官の知覚力をこのように服従させることが、心の作用をコントロールするのに主要な要素となるのです。
But this subjection of the dissenting sense perceptions is a major factor in controlling the mental processes.

 


 



 


「自律トレーニングを実行すること」<< Prev | Next >>「想念の観察と記録を行なうこと」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)