アダムスキー「テレパシー」 第3部 第1章 対訳

人間は自分に都合のよい波動だけを受け入れる

人間は自分に都合のよい波動だけを受け入れる

 

 

これらの疑問を解決するために、まず力(というよりはむしろ力の分子)の集中による人間の意識の組み立てを考えてみましょう。
To answer these questions, let us imagine the creation of a human consciousness through a concentration of forces, or rather, particles of force.

 

目に見えない多くの単位からできている広大な力の海といったものを思い浄かべてごらんなさい。
Let us visualize a vast sea of force, composed of invisible units.

 

人間の知能では測り知れないほどの何かの方法によってこれらの単位の一つが旋回運動をしながらこの力の海から放出され、その単位の内部に他の分子を引きよせる一種の磁気を生み出します。
By a means inconceivable to the human intellect one of these units is project forward through this force-space in a whirling motion, creating a form of magnetism within itself which draws other particles to it.

 

私たちが親和の法則と呼んでいるその内部の磁力のために、この分子がたがいにくっつきあい、相互の活動によりしだいに集中するかまたはたがいに結合するのです。
Because of the magnetic force within them, which we have called the law of affinity, these particles cling together and gradually become more and more concentrated, or bound to each other, by a mutual form of activity.

 

アインシュタイン教授は物質すなわち質量を時空の結び目のようなものだと説明しましたが、これはきわめて論理的な定義です。
Professor Einstein spoke of substance, or any mass, as a knot in time-space - a very logical definition.

 

というのは、いかなる物質形態にせよ、それはたがいに結集した空間の一断面にすぎないからです。
For any material form is simply a section of space tied, or bound, together.

 

この集中化すなわち分子の結合が個体の感じを生み出します(個体自身の内部はきわめて緊密な関係で結ばれています)。
This concentration, or binding together of particles, creates a sense of individuality (which is almost totally interested in itself).

 

たとえば、心の中で私たちの太陽系を描いてみることにしましょう。それはあらゆる点で前に述べたあの小さな、目にも見えない原子によく似ているのですが、この太陽系は中心の太陽のまわりを回転する十二の惑星と無数の小惑星を持っていて、
For instance, let us mentally picture our own solar system - which resembles in every detail the tiny, invisible atom described earlier - with its twelve planets and countless planetoids revolving around a central sun.

 

無限ともいうべき多くの分子と宇宙内の他の惑星が太陽群を形成している宇宙力を通じて運動していますが、しかし私たちの小さな太陽系自身はひじょうに緊密な関係にありますので、どの惑星も迷い去ってしまうようなことはありません。
This solar system is traveling through space-force, which is composed of an infinite number of particles and innumerable other planets and suns, yet our own little system is so interested in itself that not one of the planets will wander off.

 

惑星群は宇宙内の他の集中した力のすべてからある程度影響を受けないわけにはゆかないのです。なぜなら、原子すなわち一単位は”宇宙全体”から孤立して存在するようなことはできないからです。
They cannot help being affected to some extent by every other concentrated force in the universe, because no atom, or unit, can separate itself from the Cosmic Whole.

 

しかし惑星は太陽のまわりに自分が選んだ軌道から自分を引き離すほどの影響をこの力から受けることはありません。
But the planets do not allow any force to influence them sufficiently to draw them out of their chosen orbits around the sun.

 

私たちの肉体内部では、その高い集中の状態のために同じようなことがもっとはるかに高度に起こっています。
Because of its higher state of concentration, the same thing is taking place in our bodies to a much greater degree.

 

人間の顕在意識、すなわち個性はほとんど自分自身にしか関心がありません。
The human consciousness, or personality, has come to the place where it is almost wholly interested in itself.

 

つまり、人体を構成している多くの化学物質はきわめて高度に組織化されていますので、それらは外部の力の必要を感じないのです。
That is, the chemicals composing the form are so highly organized that they do not feel the need of outside forces;

 

もっとも、それらは自分を維持するために前述の力の源泉に頼らねばなりません。
although they must draw upon those sources for their support.

 

人体はいずれもそれ自身を永続させることにのみ関心をもっています。
Each human form is interested only in perpetuating itself;

 

そして、長い時代を通じて人体は自分自身の福利に適した力の衝動すなわち波動だけを受け入れる習慣を作り出しているのです。
and through thousands of years it has created the habit of accepting only those impulses, or vibrations, that pertain to its own well-being.

 

肉体を構成している分子の激烈な集中状態は、空間を自由に飛びまわっている原子に対抗するための堅図な防壁を設けていますので、人体は自身で作った法則のもとで働いているかのように、
The intense concentration of the particles composing the body has set up such a definite barrier of resistance to the free-flying atoms of space, that the form appears to be acting under a self-made law;

 

いいかえればそれ自身の独立した意志を持っているかのように見えます。
or to have a separate will of its own.

 

肉体細胞をこのような高度の組織化、すなわち集中状態に導いた進化の法則は、やがては細胞を宇宙という広大な領域にまで導き入れますので、その抵抗の防壁は縮小し、
The law of evolution which has brought the cells of the body to such a fine degree of organization, or cencentration, does in time lead them into a field of universal expansion so that this barrier of resistance is lessened;

 

こうして人間の顕在意識は周囲の波動にたいしてさらに感受的になるのです。
and the human consciousness becomes more receptive to the vibrations about it.

 


 



 


「意識と英知の相違とは」<< Prev | Next >>「細胞群は自我に感心を持ちすぎる」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)