アダムスキー「テレパシー」 第1部 第4章 対訳

想念は化学作用で発生する

想念は化学作用で発生する

 

 

物質の原子を存在させ活動させているのはこの宇宙力です。
It is this force that brings into existence, and activates, the atoms of form.

 

しかしこの意味における物質は目に見える現象だけにかぎりません。
But form in this sense is not confined to visible manifestation alone;

 

硬い物質を創りあげているのと同じ原子が、また空間の諸元素を創りあげているからです。
for the same atoms which make up solid substance, also make up the elements of space.

 

人間の現在の知識では、およそ一〇〇いくつの元素があり、
To our present knowledge, there are some hundred odd elements;

 

それらから無数の化合物や合成物が創造されています。
out of which innumerable compounds and compositions are created.

 

人間はまさに”英知”によって創り出され、”力”によって永続せしめられている化学的な宇宙ともいうべき世界に生きているのです。
We are living in what could rightly be called a chemical universe; conceived out of Intelligence, and perpetuated by Force.

 

私たちが周囲に見る万物は化学的な作用と反作用の結果です。
Each manifestation we see about us is the effect of chemical action and reaction.

 

光、熱、音響、成長と崩壊は、すべて化学作用によるものです。
Light, heat, sound, growth and disintegration, are all chemical actions.

 

そして信じられないかもしれませんが、想念もまた一種の化学作用なのです!
And believe it or not ... thought is also a chemical action!

 

私たちは周囲に見える現象から”根本的な創造”を説明することはできませんし、
We cannot explain Primal Creation from the effects we see about us;

 

親和の法則によって引き起こされる一つの活動だという以外に、想念の創造を説明することもできません。
neither can we explain the creation of thought except as an activity brought about by the law of affinity.

 

ある種の吸引と反発の作用を何が引き起こすのか私たちにはわかりませんが、
We do not know what causes certain attracting and repelling actions.

 

ただ、このような法則が存在し、それがエネルギーをもつ形ある物を作るために化学物質の結合を支配しているという事実を私たちは認めねばなりません。
We must simply accept the fact that such a law exists, and that it does command the combination of chemicals to create a form of energy.

 

それはあらゆる方向に放射する一つの攻撃的な力であり、周囲の力の空間に圧力を起こし、それによってその成分の中に波動を生じさせるのです。
It is an aggressive force which radiates in all directions, causing pressure upon the surrounding force-space, thereby creating waves in that element.

 

あらゆる想念は空間に振動として記録されます。
All thought registers as a vibration, in space.

 

想念が耳に聞こえる状態にされるとき、
When thought is given to audible expression.

 

それは、それ自体に比例した高低の度合すなわち振動数を生み出します。
it creates a pitch, or frequency, relative to itself.

 

これと同じ法則が無言の想念にもあてはまるのです。というのは、想念もまた空間という感光板上に記録される一定の振動率を持っているからです。
This same law applies to silent thoughts, for they, too, have a definite vibratory rate which registers upon the sensitive plate of space.

 

想念は鉄砲の銃身から発射される弾丸のように直線状で放射されるのではなく、
Thought is not sent out in one straight line as a bullet travels from the barrel of a gun.

 

あらゆる方向に無数の直線となって進行します。
It goes out in billions of straight lines in all directions.

 

想念を光のスパークとして想像すればよいでしょう。それはあらゆる方向に等しい力として伸びてゆく放射線群であり、
We may imagine a thought as a spark of light, with radiations extending as an equal force in all directions;

 

その広がりにおいてどの一点でも球型の感じを起こさせます。
giving the impression of a sphere at any point of its expansion.

 

そして光と同様に、想念の振動も一度作り出されると、この持殊なエネルギーの放射練を吸収したり散らしたりできる何かの物体で阻止されないかぎり、無限に進行するのです。
And like light, a thought vibration once created, will extend indefinitely unless intercepted by some object capable of absorbing and dissipating that particular ray of energy.

 


 



 


「宇宙とは何かを理解することが必要」<< Prev | Next >>「心とは想念を運ぶ媒体」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)