アダムスキー「テレパシー」 対訳

想念波動には段階がある

想念波動には段階がある

 

 

想念はどれもそれぞれの程度に応じてある高低の度合つまり振動数を持っていますから、われわれは各想念のレベルが異なることが当然わかります。
Since each thought registers a certain pitch, or frequency, relative to itself, we will naturally find different levels of thought.

 

私たちが日常放っている想念波動は、まったく各人の理解の程度に応じた段階にあるのです。
The level of thought-frequency into which we tune daily depends entirely on our understanding.

 

ここで重要なのは、「類は類を呼ぶ」という言葉です。
For remember, like attracts like.

 

ときどき私たちは高いレベルの想念波動または低いレベルの想念波動に接することがありますが、普通は自分の理解力に応じた程度に習慣的に心を働かせているだけです。
While at times we may contact either a higher or a lower level, our minds normally move in the ruts in which our understanding has placed them.

 

大抵の場合、私たちが気づいている唯一の想念は、自分の感覚器官や体験を通じて蓄積した身近な想念ですが、
Most of the time, the only thoughts we are aware of, are those familiar ones amassed through our senses and experiences.

 

しかし宇宙の知恵の宝石が私たちの習慣的な思考の中にもちりばめられています。
Yet, gems of universal wisdom are interspersed in our habitual thinking.

 

私たちがいま日常のきまりきった仕事にとりかかろうとしているとします。そのとき自分の心は静かに自分の習慣的な考え方にしたがいます。
Let us say we are going about our daily routine, our minds quietly following their customary pattern of thought.

 

すると”天空”の彼方から、私たちの普通の考え方にとってまったく未知な一つの想念──宇宙的な性質をおびたもの──がくるでしょう。
From out of the "blue" will come a thought totally foreign to our normal thinking - something of a universal nature.

 

発生していることの重大さを理解しない大多数の人はハッとして疑問を起こし、その想念の流れをときとしてせきとめてしまうのです。
The majority of people, not comprehending the magnitude of what is happening, will often break the flow with the startled inquiry,

 

「こんな考えはどこからきたのだろう?」と。
"Where did that come from?"

 

ところが、もしそのとき自分の肉体の心を静めて、内部の低い静かな声を聞くならば、広大な理解の視野が展開するでしょう。
Whereas, if they had quieted their carnal mind and listened to the small still voice within, vast vistas of understanding might have been unfolded.

 

以上の説明は、心に入ってくる異常な想念のすべてを宇宙的な性質をおびているものとして受け入れなければならないというのではありません。
By this I do not mean we should accept every unusual thought which enters the mind as being of a universal nature;

 

なぜならこの研究で進歩するにつれて、私たちは想念というものが多くの異なる源泉からくるものであることを知るようになるからです。
for as we progress in this study, we will learn that thought comes from many different sources.

 

想念は他人からくるだけだという考えに私たちは習慣づけられていましたが、実際には”宇宙の因”、肉体の原子そのもの、自然のあらゆる物などから放たれているのです。
We have been accustomed to thinking of thoughts as coming only from other human beings when in fact they eminate from Cosmic Cause, from the very atoms of our bodies, an from all phases of nature.

 

したがって明らかなのは、人間の心の中でいだく想念については、極力これを選択しなければならないということです。
It is obvious therefore, that man should be extremely selective about the thoughts he entertains in his mind.

 

ある助力を無意識に受けとることもあるという例がもう一つあります。これはだれもがかつて体験したことです。
Here is one more example of how help may be received unconsciously, which we all have experienced at some time;

 

私たちの心が一つの難問題に苦しんでいるとしましょう。
let us say our minds are struggling with a problem.

 

あらゆる角度からその問題を検討したにもかかわらず、解決が見い出せません。
We have studied it from every angle, and still the solution evades us.

 

まさにあきらめようとしたとき、突然解答がわき起こってきます。
We may even be ready to give up ... when, suddenly the answer is laid before us.

 

これはべつに不可解な超感覚的知覚作用ではなく、
This is no mysterious extrasensory perception;

 

宇宙の知識に同調した結果です。
but an unconscious tuning in to universal knowledge.

 

自分が応用している法則を理解している探究者は、自分の肉体の心をコントロールし、解決を生み出すのです。
The student, understanding the law he is employing, will control his carnal mind and allow the solution to come to him.

 

以上述べたことがまちがいないことはスペース・ブラザーズ(友星人)によって確証されています。
This information has been verified by the space Brothers.

 


 



 


「人間は無限の潜在能力を持つ」<< Prev | Next >>「第1部の要約」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)