アダムスキー「テレパシー」 第3部 第2章 対訳

距離は障壁にならない

距離は障壁にならない

 

 

通信の一手段としてのテレパシーを発達させるには、印象は心から心ヘ働くこと、そして距離は障壁にならないことを忘れてはなりません。
In developing telepathy as a means of communication, remember impressions work from mind to mind; and distance is no barrier.

 

私たちが初めてこの宇宙語を用い始めるとき、確信が得られるまでは少数の特定の人々と印象を交換するほうが容易であることがわかります。
As we first begin to use this universal language, we will find it easier to exchange impressions with a few chosen individuals until confidence is gained.

 

意気投合して活動している団体にはメンバーのあいだに一種の波動を確立することができ、
With all parties working in sympathy a certain wave length can be established between them;

 

アマチュア無線家が世界各地の無線局と話しあうのとまったく同じように交信することが可能になります。
making it possible for them to communicate much as radio hams"" talk back and forth around the world."

 


 


 


「テレパシーの個人的送信の秘訣」<< Prev | Next >>「想念波動」

[日本語訳] 久保田八郎 訳(中央アート出版社「超能力開発法」より)
[英語原文] TELEPATHY - THE COSMIC OR UNIVERSAL LANGUAGE by GEORGE ADAMSKI


宇宙哲学(COSMIC PHILOSOPHY) テレパシー(TELEPATHY) 生命の科学(SCIENCE OF LIFE)